バリアフリー住宅

HOME › バリアフリー住宅

高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者向け優良賃貸住宅のイメージ

共用部分

  • 勾配に配慮した共用階段
    (踏面24cm以上、けあげの寸法の2倍と踏面の寸法の和が55cm以上65cm以下)
  • 共用廊下の床は、段差のない構造
  • 床の仕上げは、滑りやつまずきに対する安全性に配慮

緊急通報装置

  • 緊急時対応サービスのための設備の配置
  • できる限り便所及び浴室に設置

上記の準備まででも可

玄関

玄関

  • くつずりと玄関外側の高低差は2cm以下
  • 上がりかまち部に手すりの設置準備
  • できる限りベンチ等を設置できる空間を確保

通路及び出入口の幅員

通路及び出入口の幅員

  • 有効幅員は78cm以上
  • 出入口の有効幅員は75cm以上

床

  • 原則として段差のない構造のもの
  • 滑り、転倒等に対する安全性に配慮したもの

便所

便所

  • 立ち座りのための手すりを設置
  • 長辺が内寸で1.3m以上
  • 便器の前方または側方の壁との距離が50cm以上
  • 便器は腰掛け式

浴室

浴室

  • 出入り口段差は2cm以下
  • 浴槽出入りのための手すりを設置
  • 安全性に配慮した浴槽の縁の高さ等
  • 出入り口の有効幅員は60cm以上
  • 短辺が内寸で1.2m以上かつ広さ1.8?以上
    (一戸建ての場合、短辺1.3m以上広さ2.0?以上)

台所

台所

  • 安全性に配慮し、操作が容易な設備
  • ガス漏れ検知器等及び火災警報器を設置

建具

建具

  • 開閉がしやすく、安全性に配慮したもの
  • とって・引き手・錠は、使いやすい形状のもので、
    適切な位置に取付

収納スペース

収納スペース

  • 適切な量を確保し、
    無理のない姿勢で出し入れできる位置に設置

寝室

寝室

  • 内寸で9?以上

バルコニー

バルコニー

  • 出入り口の段差は18cm以下
  • 転落防止のための手すりは、床面から1.1m以上